つむじ部分のはげに泣く日々


女性のつむじはげは病気?

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
2月 25, 2015 at 10:05 AM

つむじが薄くなると、たいていの人はお困りになります。

お気の毒です。

「これから、はげていってしまうのか?」

と心配になることでしょう。

つむじの部分は髪の密度が低いので、減ってくると余計に目立つものです。

男性は、薄毛が半ば宿命的なところがありますが、女性は病気の場合がありますので、気になる方はお医者さんに相談してみてください。

女性の薄毛は「甲状腺機能低下症」

によって起きることがあり、血液検査でかかっているのか判断できるそうです。

治療を受ければ髪が戻ってくるので、ダメでもともとと思って病院へ行ってみましょう。

さて、男性は半ば宿命と言えども、すんなりと薄毛を受け入れられませんよね。

受け入れられるのは、お寺のお坊さんくらいのものでしょう。

皮肉なことに、お坊さんに限って、いくつになっても頭が青々としている方がいらっしゃいます。

こういう人は頭を丸めるのが面倒なので、本当は「あー、はげてえ」

と思っているかもしれません。

はげたいお坊さんは例外として、つむじや生え際がさみしくなってきた方は、頭皮のマッサージをおすすめします。

高齢男性ではげている方を見ると、頭皮が張ってゆるみが感じられません。

男性は歳とともに、頭皮が張る傾向があります。

頭皮の張りと薄毛は無関係とは考えにくいので、マッサージをして頭皮を伸ばしてあげましょう。

ちなみに、血管に力を加えると血管が一時的に広がるらしいので、マッサージには血行が良くなることも期待できます。

マッサージをしたら育毛剤を使って、薄毛対策の効果を上げましょう。

こちらに育毛剤が紹介されています。

つむじ部分のはげを治療する方法を確認

ぜひ、ご覧になってください。

また、薄毛の方は髪型にも注意されると、よろしいです。

つむじなどの髪の生える方向と逆に髪をセットすると、どうしても毛根に負担がかかります。

なるべく、方向を合わせて髪を整えてください。

同じ髪形を続けるのも良くありませんので、気分転換を兼ねて髪型を変え、負担を減らしてあげましょう。